HOME > 渡航情報> 北・南米 > 【カナダ】税関申告書の様式変更、バンクーバーでの自動端末導入

【カナダ】税関申告書の様式変更、バンクーバーでの自動端末導入



【海外WiFiならグローバルデータ】申込促進プログラム


2017年6月23日現在、カナダ入国時における税関申告書の様式変更と、入国時の自動端末が導入されています。







<カナダ税関申告書>

新様式はカード下側の日付が 12/06と記載されており、その導入が始まっています。
カード右下の日付が 04/14と記載されて旧様式も使用も可能ですが、期限は発表されておりません。


<自動端末機 導入>
バンクーバー国際空港において入国審査時に自動端末機(Kiosk)が設置されています。

  http://www.cbsa-asfc.gc.ca/travel-voyage/pik-bip-eng.html
  自動端末の操作手順は次の通りです。
 1.パスポートをスキャン
 2.顔写真 撮影
 3.税関申告に関する設問の回答
 4.印刷されるレシートを持って、係官のいるブースで審査
※同一住所の方は、5名まで同時に自動端末の利用が可能

自動端末の利用により、税関申告書の提出は不要となりますが、対象とならない方や何らかの理由により自動端末が利用できない場合には、従来通り税関申告書の提出が必要。

トロント、オタワでも順次自動端末機の利用開始される予定です。
 

バンクーバー国際空港ホームページ






2017年06月24日(土) 0:25


海外出張 クイックリンク

  • JAL 国際線航空券予約
  • 海外格安航空券の24時間自動予約 イーツアー
  • 全世界!お得な海外航空券なら【H.I.S.】
  • 世界最大海外ホテル予約サイト<<エクスペディア>>で簡単予約
  • ヒルトンホテル
  • スーツケース・旅行用品「地球の歩き方ストア」
  • 翌日配送サービス実施中!【 世界のおみやげショップ】