HOME > 海外出張 初めての方へ> 現地空港到着 > 現地空港での流れ

現地空港での流れ



【海外WiFiならグローバルデータ】申込促進プログラム


現地空港での流れについて、お教えします!


目的地の空港に着き、空港外に出るまで再び手続きが続きます。


一般的に到着後は、検疫(健康)審査→入国審査→税関審査となります。到着後はパスポートと入国カード・税関申告書を手元に用意しておくとスムーズになるでしょう。
入国カードや税関申告書には署名(パスポートと同じもの)をされていますか、もう一度確認されるといいでしょう。


空港によって順番は前後することがありますが、まず検疫審査がある場合があります。といっても殆どの方はこの審査はスルーすることが多いと思います。持込が制限されている動植物や動植物製品を持参されている方や体調が優れない方はこちらで申告が必要です。


入国審査ではそのブースにて、審査官にパスポートと機内で配られる入国カードを提出します。審査官による渡航目的などの簡単な質問のあと、パスポートが返却されます。


続いて、荷物を出発空港で預けられた場合は、搭乗便名の書かれた掲示板へ進み、荷物のベルトコンベアーよりあなたが預けた荷物を取ります。


スーツケースなどは同じ色・形のものが多くありますので、預ける時に航空会社が用意する名札などを付けておくと間違いないでしょう。また預けた荷物が大きく破損していたり、預けた荷物が出てこない場合は、航空会社のスタッフにその旨申告して下さい。


荷物をすべて取り終えたら、税関申告ブースへ向かいます。海外では持込が制限される物品が多くあります。こちらで審査官の簡単な質問に答え、荷物の審査を受けます。また、たばこやお酒類は税金が掛かる場合がありますので、必ず免税範囲を事前に旅行会社や機内で乗務員の方に尋ねておくといいでしょう。


いよいよ到着ロビーに出ます。


海外の空港では、日本の空港と違い悪質なタクシー客引きやスリなどが多くいます。まず海外であることを自覚し、注意を払うことです。現地の方が迎えに来られている時には、その方を探します。その場合は事前に担当者との待ち合わせ場所と携帯電話番号を聞いておくとスムーズに出会うことができるでしょう。


到着ロビー内にある両替所にて当面必要なお金を現地通貨に両替しておきます。


最近は少なくなりましたが、復路の予約再確認(リコンファーム)が必要な航空会社の場合には、この時点で復路の予定が確定していると、そのまま航空会社のカウンターに出向き予約再確認の手続きをされるといいでしょう。


いかがでしたか?


航空券・ホテル予約から現地空港到着まで、お教えしました。
あくまでも基本的な流れですが、この流れを知っているのと知らないのとは後々の海外出張の仕事にも影響してくると思います。


あたなたの海外でのお仕事がうまくいくようにお祈りします。
それではいってらっしゃい!










2007年03月31日(土)11:36


海外出張 クイックリンク

  • JAL 国際線航空券予約
  • 海外格安航空券の24時間自動予約 イーツアー
  • 全世界!お得な海外航空券なら【H.I.S.】
  • 世界最大海外ホテル予約サイト<<エクスペディア>>で簡単予約
  • ヒルトンホテル
  • スーツケース・旅行用品「地球の歩き方ストア」
  • 翌日配送サービス実施中!【 世界のおみやげショップ】