HOME > コラム> 航空券予約&購入 > eチケットって?

eチケットって?



【海外WiFiならグローバルデータ】申込促進プログラム


ここ2年ぐらい前から、お馴染みになった「eチケット」。一体、どういうチケットなのでしょうか。解説します!





出張に数回行かれているあなたならeチケットを何回か利用したことがあるのではないでしょうか。


eチケット(イーチケット)、って「いい、チケットかいなぁ?」と言うのは関西のオジサマ方のネタですが、確かにその通り、「いいチケット」なのです。これは、あなたにとっても僕たち旅行会社にもとても便利なのです。


まずは、eチケットの説明から。


eチケットとは、正式にはElectronic Ticketと言います。これは日本語に訳すとすれば、「電子航空券」となります。


つまり、予約内容を航空会社のコンピューター上に保存した状態で、従来の型紙の航空券を廃止し、搭乗手続きを行えるようにしたものです。航空会社にとっては、そのシステム導入に初期費用は巨額にかかりますが、将来的に長い目でみると資源保護や経費削減につながります。


しかし、航空券がないというのは何か不安なものですよね。
よって、旅行会社や航空会社での予約・発券後は、「eチケットの控え」を発行し搭乗者に渡します。これは従来の航空券のデーターや予約内容を1枚の紙(A4サイズの予約確認書や電子搭乗用航空券)に印字した予約確認書(レシート)のことです。


この確認書を搭乗手続きの際に、カウンター嬢に提示すると手続きしてくれるというものです。この用紙には必要最小限の予約内容が記載されています。


では、どんな時に便利なのでしょうか。


このeチケット控えを紛失した時、再発行が容易にできるという点にあります。また、キャンセルする場合など航空券を旅行会社や航空会社に返却するという手間が不要なります。


最悪、eチケットがなくても実は搭乗手続きできてしまうのです。


僕も以前これを確かめるために、名前を申し出るだけでeチケットを一切提示せず搭乗手続きに挑んだことがあります。全く問題なく、従来通り搭乗手続きができてしまいました。


といっても、全く持つ必要はないかというとなると少々疑問が残ります。
海外の国の中では、復路の航空券を所持しているのが原則で、無査証滞在が可能ですという国もあります。その際、このeチケット控えを持参しないと、復路の航空券を所持していないとみなされてしまい、渡航先の入国でトラブルにもなりかねません。


また、このeチケットはコンピューターシステムがあってのシステムです。
万一、航空会社のコンピューターがダウンした時には、搭乗手続きも手動となります。その時にこのeチケット控えがあれば予約の確認が速やかに取ることができ、搭乗手続きもスムーズに事が運ぶことは言うまでもないでしょう。


ですから、eチケット控えは全く不必要という訳ではないのです。


2007年度中には、すべての航空会社でこのeチケットを採用するということです。eチケットを採用している航空会社に乗る時、従来通りの航空券での発券を希望すると航空券代を請求されるところが出てきました。
一方まだまだ中国系航空会社などでは採用しておらず2007年度までには間に合うのか心配です。また、同じ航空会社ではなく乗継などで複数の航空会社を乗り継ぐ場合には、eチケットが利用できないというケースも多々あります。


ますますeチケットが便利になることを期待したいものです。






2007年03月14日(水)23:45


海外出張 クイックリンク

  • JAL 国際線航空券予約
  • 海外格安航空券の24時間自動予約 イーツアー
  • 全世界!お得な海外航空券なら【H.I.S.】
  • 世界最大海外ホテル予約サイト<<エクスペディア>>で簡単予約
  • ヒルトンホテル
  • スーツケース・旅行用品「地球の歩き方ストア」
  • 翌日配送サービス実施中!【 世界のおみやげショップ】